TOP > 学園紹介 > 学園の沿革

学園紹介

  • 学園紹介
  • 教育理念
  • 学校長メッセージ
  • 学園の沿革
  • 学園データ
  • 制服・校章

学園の沿革

学園の沿革東京学園高等学校は、明治22年、わが国最初の私立の商業学校として誕生しました。当時の内閣官報局と一橋大学の前身である東京商業学校の教授などが設立に関わり、「高きに過ぎず、低さに失しない中等程度の商業教育を施し社会の要請に応じる人材を育成する」という趣旨に基づき生まれた学校です。その後は、建学の精神を維持しつつ、卒業生たちが運営に携わってきました。時代の変遷に伴い社会の要請に答えて昭和43年に普通科を新設し、昭和48年には東京学園高等学校と改称しました。

学園の沿革

創立者 下村 房次郎

学園の沿革

創立者 浜田 健次郎

明治・大正

明治・大正
明治22年 我が国最初の商業学校設立
大正10年 夜間甲種商業学校(第1号)

昭和

昭和
昭和14年 創立50周年記念式典
18年 昼間部設立認可
23年 学制改革により東京商業高等学校と改称
34年 海南講堂落成
43年 普通科新設
48年 東京学園高等学校と改称
54年 創立90周年事業
南校舎・第2体育館
57年 管理棟落成

平成

平成
平成 元年 創立100周年記念式典
6年 普通科に普通コース・特進コース設置
8年 商業科を改め普通科に専門コースとして設置
10年 創立110周年
12年 新体育館落成
特進コースの募集停止
14年 学校週5日制実施.同時に土曜講座開設
17年 普通科専門コースを改め普通科情報ビジネスコースに改称
普通科選抜コースを設置
20年 創立120周年
情報ビジネスコースの募集停止
26年 選抜コースの募集停止

このページの上部へ